得して損なし旅行を思うぞん分楽しむ

現地の滞在で必要

インドビザの取得は大変

 インドは様々な世界遺産や観光地などがある魅力あふれる国ですが、インド旅行の最難関と言えるのが「ビザ取得」でしょう。実際インドビザの取得は「世界一面倒で分かりにくくチェックが厳しい」と言われていて、インドビザ取得の代行業者もいるほどです。  代行業者への依頼料は、ビザの種類にもよりますが概ね実費込みで1万円からという所が多いです。自分でやろうと思うと実費(2,156円)のみで済みますが、世界一の分かりにくさと面倒臭さを誇るビザ取得の手続きですので、手間と時間を考えたら代行業者に依頼してもいいのでは、と思えるかもしれません。  ツアー観光であれば、申し込みと同時に旅行会社に依頼しても良いでしょう。手数料は実費込みで7,000円程度です。  この難関を乗り越えたその先は、楽しいインドへの旅が待っています。

旅行者向けのアライバルビザ

 インドビザ取得は非常に大変、という話はインドフリークの間では常識です。  一方でインドとしてはセキュリティは厳しくしたい、しかし多くの観光客に来てほしいため、短期旅行者向きの「アライバルビザ」というものがあります。入国できるのはデリーやムンバイなどの大きな空港のみ、1年で取得できるのは2回まで、2回目の取得は1回目入国から2か月後以降、有効期限は1カ月で延長不可などの制限があります。事前にオンライン申請が必要になりますが、普通のビザ申請よりも手軽です。つい最近までアライバルビザは空港でも取れましたが、2014年12月27日から取れなくなりましたので注意が必要です。  インドへの旅はインドビザ取得から始まっていると言っても過言ではありません。